スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode1

[※注意※]

封/神/演/義のパロディ(学園もの)となっております。
二次創作が苦手な方は今すぐブラウザをそっと閉じてください。

また、こまちの大変可哀相な脳内ストーリーになっているので、
BLが苦手な方も閲覧をお控えすることをオススメします。



003.jpg




大丈夫な方は続きからどうぞ。




――――――― 夢を見た。


その夢は、とても良い香りがした。


ep1.jpg





**************


昼休み。崑崙高校屋上。








「今日も暑いのう。」

「そうだね。」

ep2.jpg




「で、望ちゃんはその夢の人に逢いたいの?」

「なぜそうなる・・・」

「だって、その話ばかりするじゃない。最近。」

「どこの誰かもわからぬ奴に会いたいと思うか?夢見る少女じゃあるまいし」

ep3.jpg



「そうかな?望ちゃんは可愛いよ?」

「おぬし・・・話を聞いていたか・・・?」(がくっ)

「ふふっ。・・・さて、午後は数学だね。戻ろうか。」




―――――――――――――――――――――――



「・・・つまり、この問題はこのようにして解いていきます。そして・・・」


ep6.jpg





(・・・・この匂い、夢の人物と同じ・・・)



ep7.jpg


(・・・まぁ、匂いくらい、同じこともあるだろうが・・・)

(・・・。)


(・・・望ちゃん、またあの人のこと見てる・・・)



ep8.jpg



―――――――――――――――――――――――

放課後。




「望ちゃんごめんね。今日は委員会があるから、先に帰ってていいよ?」

「そうか・・・。いや、待っておるよ。終わったら呼んでくれ。」

「うん。ありがとう。終わったらメールするね。」(パタパタ)




(・・・屋上にでも行くか。)



―――――――――――――――――――――――

再び、崑崙高校屋上。





(・・・僕には、やはり教師は向いていないかもしれない。)


ep30.jpg




(・・・一人の生徒に、あんなことをするなんて・・・。)



ep10.jpg



カチャ




(・・・こんな時間に、人がくるなんて・・・。)



ep11.jpg



「・・・お?」


ep12.jpg



「なんだ。先客がおったとはのう。ここは立ち入り禁止と聞いておるが。」


ep13.jpg



「・・・僕は一応、教師なんだけどな?君こそ、ここは禁止区域だよ?」

「うむ。知っておる。」

「・・・同罪ってことで黙っておくよ。」


ep14.jpg


「お主、教師のくせに全く威厳がないのう。
わしは生徒なのだから、怒れば良かろう。」(くすくす)



ep15.jpg







「・・・先生?」


ep16.jpg



ゆっくりと、近づいてくる綺麗な顔と、

夢で見た、あの匂い。




(・・・やっぱり、似ておる・・・)


ep17.jpg



―――――避けようと思えば避けられた。

でも、それをしなかったのは―――――



ep18.jpg












――――― 恋をしたと、知ってしまったから。―――――


ep19.jpg







































★★★★★★★★★★★



ひどくこっぱずかしいですね。
痛々しいだけでなく、支離滅裂すぎてwwwww
語彙力と表現力こい!!


純情な感情も空回り。
1/3も伝わらないどころか、石投げられるレベル。

ちなみにレタッチだけで6時間、
文章構成に2時間くらいかかっている。

のに、このゴミレベル。ひどい。


このストーリーは最後まで考えてあるので、
シリーズ化していく予定です(!?)

普-ちゃんとの話もあるのよ・・・!


そんなわけで第1話でした。

恥ずかしいのでそのうち下げるか内容差し替えるかも(笑)

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

*TOP*



*本家ブログ*



*コスプレサイト*



*YottaYOTA*

応援してますv
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。